×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

抜け毛の原因

髪の問題で悩みたくはないものですが、そもそもなぜ髪が抜けるのでしょうか。
でも人間は誰でも毛が抜けます。
抜け毛は当然なのです。
毛も生え変わります。
そのサイクルがきちんとされていないと抜ける一方で、生えてこなくなってしまうのです。
抜け毛の原因はいくつか考えられています。
抜け毛は男性に多いですよね。
抜け毛の悩みをかかえている男性はたくさんいます。
男性ホルモンが関係しているからです。
毛細胞に作用して髪の毛の成長を抑え、髪が早く抜ける原因を作る物質に「デビドロテストステロン」というものがありますが、これは男性ホルモン「テストステロン」が5αリアクターゼという酵素の働きによって作られます。
抜け毛の原因が男性ホルモンである場合、それは遺伝による体質的なものだといわれています。

ストレスも抜け毛に影響!

毛細胞が新しい毛を作るためには栄養が必要ですが、ストレスによって血の巡りが悪くなると毛根に栄養が届かなくなり、新しい髪を作るスピードが鈍化します。
精神的なストレスは心だけでなく、髪の毛の成長にもにもよくないのです。
いろいろな悩みを抱えると抜け毛の悩みも抱えることになりますよ。
また、バランスのよい栄養摂取は体の健康だけでなく髪の健康にも大切です。
偏った食生活や生活習慣の乱れは、毛髪の再生サイクルを乱し、抜け毛の原因になります。
不規則な生活も髪の成長にはよくありません。
髪の毛は眠っている間に一番成長するので、十分な睡眠を取ることが大事です。
そして、髪が十分に成長するよう、正しい食事でたんぱく質、ビタミン、ミネラルを補う必要があります。

スポンサードリンク

どうして抜け毛になるのか

アルコールやニコチンも髪の再生に悪影響です。
適度なアルコールは血流をよくしますが飲み過ぎは逆効果ですし、タバコは健康だけでなく髪にもよくありません。
そして髪の毛を洗う時、強く洗ったり、シャンプーが残っていたりしても抜け毛の原因になってしまいます。
パーマ、カラーリング、ドライヤーなども気をつけなければなりません。
どうして抜け毛になるのかわかれば、対策を考えることも可能になります。
遺伝以外は改善の余地があるはず。
悩んでばかりいないで、解決に乗り出してみましょう。

Copyright © 2007 抜け毛予防!リーブ21はもう要らない!